太陽光電池も使える

青いライト

LED照明は一般的な白熱球に比べて電気代がお安いと聞きますが、実際にどれくらい安いのか疑問に思うと思います。
そこで、東芝インテック株式会社のLED照明を参考に電気料金を比較してみます。
東芝インテック株式会社の一般電球型LED4.5Wを1年間使用した場合、およそ267円電気代が掛かります。
これだけですと安いのか高いのかさっぱりわかりませんので、一般的な白熱球の年間電気代を算出します。
一般的な白熱球の年間消費電気代は、1065円です。
その差額は798円で、およそ4倍近く価格が違います。
なので、年間の電気代だけで比べた場合は、LED照明の方が一般的な白熱球よりも圧倒的に安く、LED照明を使用した方が断然お得なのです。

LED照明を工夫することで得られるメリットがいくつかあり、それぞれ説明します。
まず、電気料金が一般的な白熱球に比べて圧倒的に安いということです。
具体的にどれくらい安いかと言うと、数値に換算しておよそ4~5倍程度安いのです。
次に、害虫が近づきにくいというメリットがあります。
昆虫が光に引き寄せられるのは、光に含まれる紫外線に反応しているというのが一般説で、この紫外線を多く含まないLED照明を使用すれば、昆虫が光に集まりにくくなります。
今までは、蛍光灯に集まる虫が死骸となって蛍光灯カバーにたまる嫌な現象がありましたが、LEDを使用することで、この現象を緩和することができるのです。
最後に、LEDは光の指向性が高いので、少ない電力でも狙った場所をより明るくすることができます。